SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Chez K.

フランスマルセイユから蚤の市雑貨をお届けする Chez K. の主人が綴ります、蚤の市な日々ブログ。
藤田嗣治 パリ郊外にて
0
    所用があって先週の数日間をパリで過ごしました。

    ひょんなことから藤田嗣治のアトリエの見学にお供できることになり、曇天のパリの空の下をタクシーにて飛ばすこと、1時間弱。



    2階建てのちいさなおうちは、まるで今でも彼が住んでいるかのような趣がありました。


    染料のガラスボトル、電気釜、書きかけの紙たち。
    自身で作ったという木彫りの棚や鏡のフレーム。
    旅行中にみつけたというペンギンの置きもの。
    アンティークのお人形たち。
    暖炉隠しには、影絵風の子供たちのイラスト。


    知り合いのお宅におじゃましたような感覚で見学できます。



    こちらは手作りの屏風に打ちこんだメタルのモチーフの細部。
    どれも数センチほどの大きさで、ひとつひとつ金づちと石で手作りしたというから、なかなかマニアックです^^


    写真撮影は「基本的に」禁止。でも、ガイドのお姉さんがちょっと横を(わざと)向いているスキに、ちょこっと撮るくらいならゆるしてくれる、そんなやさしい雰囲気のある場所です。

    眺めるのにいそがしくてほとんど写真を撮っていないことに、あとから気づきました。


    藤田氏とは数年前のブルターニュ・サンマロでの展示会以降、なんだかふしぎな縁があるのではと(勝手に)思っていたところの、また今回の出会い。同行の方々とのおしゃべりの間にも、あの丸めがねの奥の視線をちらりと思い出しているのでした。




    Maison-atelier Foujita
    7, route de Gif 91190 Villier-le-Bacle
    01 69 85 34 65
    maison.foujita@cg91.fr
    見学は要予約


    追伸・ Foujita のサイン、なぜ fu でなく fou なのか。
    仏語では fu だと「フュ」と発音されてしまうので、「ふ」の音を保つために fou「フ」と書いていたそうです。

    わたしも sakuma だと「サキュマ」になってます^^
    | le temps qui passe | 06:48 | comments(0) | - | - | - |
    Lourmarin
    0
      マルセイユから、北東へ車で一時間ほど。

      ここはルーマランです。



      平日だったので訪れるひともまばら。
      町から来た身には、小さな村の静けさがなんともうれしい。




      夏のバカンス時期にはたくさんの人が散策を楽しみに訪れる村。
      やや内陸に入るので、マルセイユから比べてもとても暑くなります。






      ワンコが運転してくれるのかい?




      夕方のかねの音を聞いて、




      また静かに家路につきました。



      | le temps qui passe | 01:09 | comments(2) | - | - | - |
      ミモザ通信
      0
        数年前にちょこっと見に行ったニースのカーニバルにて、人々に花を投げ与えるパレードがあったのですが、そこで大量にもらったのはミモザの花。

        この季節には、この黄色いポンポンがたわわにぶら下がった木をよく見かけます。





        マルシェの片隅でみつけた束を、きまぐれにお買い上げ。

        ぶわっと開ききったモノより、まだ小さい点々のモノの方が可憐なかんじ。




        おむかいのおうちのミモザの木。2階建ての屋根に届くほど。


        ポンポンの勢力はなかなかに強いようで、花粉症ではないけれど、見ているとちょっと目がかゆくなってきたりもするのでした。



        | le temps qui passe | 22:21 | comments(0) | - | - | - |
        12月のお買い物は?
        0
          11月がおわると、年の終わりのイベントに向けてのお買い物が始まります。

          ポストに入っていた大量の広告より、お買い物候補になりそう(?)なモノたちを、ちょいとピックアップしてみました。




          勿論おさらは一枚分のお値段。
          複数を重ねるとグッと雰囲気が出ます。




          お風呂モノセットは至って無難なプレゼントのひとつ。
          柔らかいモチーフの食器はディナーのテーブル用に。




          暖炉の横のサパンの足元には、プレゼントの山。
          1年の終わりに、心躍る風景です。


          | le temps qui passe | 04:05 | comments(0) | - | - | - |
          A la faveur de l'automne
          0
            秋のメランコリックな気分に、こんな曲はいかが。




            アフリカ系フランス人の歌手 テテ の、しっとりしたバラード。


            | le temps qui passe | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
            Toussaint
            0
              Toussaint(トゥサン): 諸聖人の日は、11月1日。祝日です。

              学校などはこの日をはさんで1週間ほどのバカンスになります。




              ちなみに翌日の11月2日は「死者の日」として、お墓参りをする習慣があります。




              彼らが 安らかな眠りの中に ありますように。


              | le temps qui passe | 19:08 | comments(0) | - | - | - |
              早朝のバラ
              0
                初秋の早朝。
                たまたま早く起きたので、すぐそこの公園を散歩してみました。






                水鳥たちをひやかしながら、たどりついたのは。。。






                広い公園の中にひっそりとある、小さなバラ園。

                早朝の水撒きを終えた後の みずみずしい時間帯には、園に人影はなく。







                低い太陽の光が ベールのように被さり、








                バラが美しいものであると はじめて実感したのでした。


                | le temps qui passe | 17:07 | comments(0) | - | - | - |
                日暮れ色
                0
                  日暮れ色のいろいろ。







                  花モチーフの小さめのシャンデリア。







                  つめたく冷やしたメロンと生ハム、夏の定番前菜。







                  これもつめたいロゼワイン。








                  バルサミコソースのえび君たち。







                  寝る前の「踏み踏み儀式」中の猫。








                  A demain(また、明日)...





                  | le temps qui passe | 20:42 | comments(0) | - | - | - |
                  ア ラ プラージュ
                  0
                    プラージュ(La plage ビーチの意)の人口は目下増加中、7月おわり現在の南仏です。


                    「古いカードを再版したものシリーズ」のポストカードより、ちょっと楽しい昔のプラージュ風景を。






                    「いい波」と題のあるこの一枚。 


                    ・・・綱引き??
                    波にのまれないようにこうした綱が用意されていたのかも?

                    (でも、綱が全然必要なさそうな、貫禄あるご婦人もおられますネ)








                    見所がたくさんある一枚。

                    水着のデザイン、着替え小屋、盛装で日傘のマダムたち。

                    しましまのツナギ水着は、ゼヒ今の少年少女たちにも着ていただきたい、かなりいい感じのアイテムではないですか。







                    ひと泳ぎ後の休憩タイム。

                    このカードを買ったり、送ったり、送られたりした当時の若い紳士たちをちょっとほろ苦く想像してみたり。







                    よーく見ると、左の女性の水着のデザインも気になるところ。

                    ヒゲの紳士もツナギ水着。これも・・・すごくいいかも (笑







                    ワンピースのような水着と、ぼうし。


                    この水着は普段着としてもカワイイですよー、ええ。

                    (プールでなく)海辺でかぶれるような、ちゃらちゃらしていない、シックな水泳帽。ちょっと欲しくなりました。


                    (でもそれにシュノーケルと水中めがねは合わないだろうなあ)



                    | le temps qui passe | 19:48 | comments(0) | - | - | - |
                    le bouquet du muguet
                    0




                      5月1日、祝日。

                      働く人たちがデモ行進する日。

                      日ごろお世話になっている人へ、すずらんの花を贈る日。






                      すずらん、仏語ではミュゲ muguet といいます。

                      幸運のお守りという意味もあるそう。








                      遠くにいる人には、すずらんの写真をメールで。。。

                      というのもいいけれど、すずらんの絵入りのカードを送ってもすてき。












                      こんなかわいい習慣、ちょっと取り入れてみてはいかが?


                      | le temps qui passe | 18:22 | - | - | - | - |